用と美 2019
10/112

常滑焼&九谷焼のコラボレーションHana Kouse常滑焼伝統工芸士二代目玉光、梅原廣隆氏による黒泥急須たちに九谷焼絵付士田村次盛氏が手描き上絵付けを施した作品です。故き伝統を守り続けてき2つの焼き物産地常滑・九谷においてiた 8長年に渡り作陶を続けてきた窯元による伝統工芸の逸品が完成しました。朱はなこうせい泥土のロクロ引きにて作り出される急須は、シンプルで軽くて使いやすいをコンセプトに作っております。青粒・赤粒・金箔・銀箔・転写上絵等の様々な技を巧みに組み合わせ、急須の形状とのバランスを考え絵付けを施しております。華光盛ART WORK10HANA KOUSEI

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る