常滑焼のご案内

日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続くものとして次の代表的な六つの窯があります。

瀬戸焼、常滑焼、越前焼、信楽焼、丹波立杭焼、備前焼

常滑焼は、平安時代末期には知多半島のほぼ全域に穴窯が築かれ、この六古窯の中でも最も大きい生産地でした。

室町時代に入ると半島全域に分布していた窯は、常滑周辺に集まってきました。
この段階では、碗・皿類の生産は行わず、壺・甕・鉢の生産に特化していたようです。
江戸時代になると、これまでになかった茶器・酒器を作るようになりました。朱泥の急須なども中国の焼き物を手本として作られました。

明治時代に入ると、土管を作るようになり、明治末期頃になると、タイルを中心とする建築陶器の生産が始まりました。

現在では、花器、置物、園芸鉢、食器など多種多様のものが、常滑で生産されています。

ページのトップへ